バンプラ・ゴルフクラブ

BANGPRA GOLF CLUB


 

料 金(お1人様あたり)
平  日 お問い合わせください  
土日祝日

お見積り料金に含まれるもの

グリーンフィー

キャディフィー

カート代

送迎代(専用車)

高速代


評価点(5点満点)

総合評価 お勧め度 コンディション グリーンスピード キャディ 施設 食事
 4 4 4 5 5 4 4

1958年オープン、パタヤ市街地からは40分、シラチャーの街からは10分程度の場所に位置する。タイでは最も歴史あるゴルフ場の一つに挙げられる。18ホール、パー72のシングルコースでコース設計は日本のJ M Pゴルフデザイン社が行った。07年には開業50周年を迎え、現在のクラブハウスが完成しモダンなデザインに生まれ変わった。もともとTAT(タイ国政府観光庁)と日本のジョイントベンチャーで運営されていたので、日本人には馴染みの深いゴルフ場で、簡単な日本語を理解しているクラブスタッフやキャディも多く、言葉に不安のある人にとっては安心できる。OUTコースの方が印象深く面白いホールが多く、スタート1番ホールは緩やかな下りが続くミドルホールでフェアウェイ左サイドに大きな木があり右サイドから攻めたいところ。グリーンは傾斜と芝目が強く、下りと横からのパットは避けたい。ティーショットが池越えの3番ホール、パー4は、グリーンの左右に大きなバンカーが配置されているので正確なセカンドショットが要求される。H D C P1とされる6番ホール、パー4は、アップヒルのため表示ヤード以上にきちんとキャリーで打っていく必要がある。続く7番ホールは622ヤードのパー5、距離は長いがフェアウエイは固くて緩やかな下り傾斜なので思い切りスイングして距離を稼ぎたい。INコース、12番、17番ホールは池越えのパー3。12番ホールはバンプラで最も美しいホールとされている。その他13番、15番もセカンド地点から池越えのアプローチとなるミドルホールでセカンドショットのの正確性がスコアリングのポイントになる。グリーンには高麗芝を使用し、傾斜、芝目も強いが高速で難易度も結構高い。コース内に併設されたロッジに宿泊して数日間プレーを楽しむ日本人ゴルファーも多く、日本食店も揃うシラチャーの街に近いのも人気の理由だ。

基本情報

開業 1958
設計 JMP GOLF DESIGN GROUP
定休日
Tees  
Fairways  
Greens  
トーナメント開催歴  

付帯施設

ホテル
ドライビングレンジ
 パッティンググリーン
アプロ―チ練習
ナイター照明

ヤーデージ

ヤーデージ OUT IN TOTAL
 BLACK 3788 3617 7405
BLUE 3523 3441 6964
WHITE 3291 3205 6496
RED 2736 2747 5483
OUT 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
 BLACK 433 206 453 460 533 397 622 221 368 3693
BLUE 424 189 447 426 516 391 579 187 364 3523
WHITE 397 162 419 400 480 374 548 151 352 3283
RED 337 145 354 311 453 301 475 130 332 2838
PAR 4 3 4 4 5 4 5 3 4 36
HDCP 3 15 11 5 9 1 7 13 17  
IN  1 2 3 4 5 6 7 8 9 TOTAL
 BLACK 354 575 206 402 405 541 374 228 411 3496
BLUE 409 566 184 360 398 543 363 206 412 3441
WHITE 332 547 154 351 378 479 342 180 384 3147
RED 260 498 115 288 327 430 315 144 357 2734
PAR 4 5 3 4 4 5 4

3

4 36
HDCP 18 2 16 10 6 14 4 12 8  

ゴルファーレビュー

コメント: 0