おすすめ特集

コース選び方

モデルプランから選ぶ

当社が自信をもってお勧めする3泊3ラウンド(送迎付き)、ホテルがセットになったモデルプラン。バンコク、パタヤ、ホアヒン、チェンマイをご用意。特に人気なのはホアヒンコース。ロイヤルトロフィーが開催されたブラックマウンテンゴルフクラブ、アジアベストコースに選ばれたバンヤンゴルフクラブ、ジャック・ニクラウス設計のスプリングフィールドと実力揃いのコースでのラウンドをお楽しみください。

デザイナーで選ぶ

ニックファルド、ロバートトレントジョーンズJr.、Jニクラウス、ピートダイ、リーシュミット、ゲーリープレーヤーなど、 世界的にも錚々たるデザイナーが携わっているコースも多い。その一方で、日本人デザイナーやタイの奇才ピラポンが意匠を凝らしたコースも忘れてはならない。日本で井上誠一や富沢誠造設計のコースを巡るようにお気に入りのデザイナーのコースを巡ってみるのも面白い。

トーナメントコースから選ぶ

どんなゴルファーもプライドを擽られると挑戦意欲が高まってくるのは自然なこと。わざわざタイまで行くならやっぱりトーナメントコースに挑戦してみたくなるのはゴルファーとしてごく自然な欲求。タイガーウッズはブルーキャニオン、タイカントリー、アルパインなどで優勝。また、2010年、宮里藍はサイアムカントリー・オールドコースで開催されたHONDA LPGAタイランドで見事栄冠に輝いた。


宿泊可能コースから選ぶ

ゴルフを存分に楽しみたいゴルファーにはゴルフコース・ステイプランがお薦め。移動時間不要なので時間を無駄なく使えるのは何よりも嬉しいこと。パッティング、チッピング、バンカー、芝生から直に打てるドライビングレンジなど練習環境が整っています。朝靄に包まれていたグリーンが、日の出とともに少しづつその姿を露わにしていくその様を見るだけでもコースに泊まった価値があります。

戦略性の高いコースから選ぶ

知名度、料金、クラブハウスの豪華さとは関係なく戦略性の高さに定評のあるコースもリストアップしてみました。まだまた挑戦すべき素晴らしいコースがタイにはありそうです。

TOP50から選ぶ

評価の視点も千差万別。TOP 100 GOLF COURSESがリストアップしたタイのコースTOP 50を参考にして選ぶのも面白い。 ※完全メンバーシップ制でメンバー同伴が義務付けられているコースやアクセスがあまり良くないコースも掲載されています。